12月から1月の動物の保護状況と新聞紙募集のお願い。

昨年の12月から1月までに、虐待にあっている動物の避難先としての預かり依頼、病気や介護、離婚など様々な事情による預かり依頼、交通事故に遭った動物の保護など、犬と猫で計31頭になる対応の相談がありました。これらのうち、20頭はこの間に相談者が飼い主となられたり、譲渡先を探されたりするなどして新しい家族が見つかり、残りの11頭が入所することになりました。まだ継続中の案件も多くあり、事故に遭った動物のケアは難しさもありますが、できるだけよい結果になるように状況をすすめたいとおもいます。

 

これまでにも何度かお願いしていますが、今季は新聞紙がかなり不足しており、深刻といってよい状態です。

新聞紙は犬や猫のペットシーツや保温に用いるだけでなく、布などでは爪が傷みやすい鳥や、カメのケア用品としても使っています。また、高齢の猫や体調が崩れやすい猫たちのためにダンボールとともに新聞紙をしきつめるという用い方もするため、消費量がかなりのものとなっています。

あらためて新聞紙の寄付協力をお願いします。

 

新聞紙のご寄付は、ピース・アニマルズ・ホームから遠くにお住いの方にはご協力していただくのが難しいものでもあるので、できれば施設のお近くの方に口コミなどでピース・アニマルズ・ホームが新聞紙を常に必要としていることをお伝えしていただいたり、県内にお住まいの方でSNSをしておられるならば、新聞紙の募集について述べているピース・アニマルズ・ホームのウェブサイトのお知らせを参照するなどして周知していただけると助かります。

新聞紙のご寄付は下記の能町施設で受け付けています。お問い合わせフォーム・メール・電話などで事前に、お持ち頂けるお時間・ご都合などをお知らせ下さい。

 

  • 能町施設:〒933-0005 富山県高岡市能町南3-41
  • 電話:080-6352-1199

 

なお、衣類や毛布類の保温用品、動物のフードやおやつも募集しております。

新聞紙・布類をお送りの際はこれらの過去の記事もご確認ください。

新聞紙の寄付募集のお願い」(新聞紙をお送りいただく際の注意事項を記載しています)。

保温用品・猫用ウェットフードの寄付募集のお願い」 。

大きな布類をお送りいただく際のお願い」。

 

不明な点、わかりにくい点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

皆さんのご協力をお願いします。