ラジオ番組「We Love Animal」の報告(7月、8月)

 毎月第2週の金曜日の午前10時10分ごろから、FMとやまでピース・アニマルズ・ホームのラジオ番組「We Love Animal」を放送しています。

7月の放送回には、イラストレーターのでこりんさんとアナウンサーの相本芳彦さんに、昨年作成した動物と防災をテーマにした動画「エミちゃんのやくそく 防災とペットの物語」についてお話しいただきました。

 

動物と暮らす方の防災対策、動物同行避難などを啓発する資料の作成について相本さんに相談した所、「子供たちに見てもらえるように、絵本のようにしたらどうだろう」(相本氏)とのご提案をいただき、相本さんからご紹介いただいたイラストレーターのでこりんさんに、イラストとナレーションを担当していただきました。 

動画のストーリーは2011年の東日本大震災の時に、ピース・アニマルズ・ホームが関わった被災されたご家族の方たちのお話をもとにして、相本さんに物語としてまとめていただきました。

でこりんさんは、小さい子供たちにも防災と動物について考えるきっかけにしたいという意図をくみとり、優しいタッチにするために絵の主線を色鉛筆で仕上げるなどの配慮をされたということです。

相本さんは、でこりんさんが絵やナレーションのイメージ化を容易にできるように、完成した動画には直接的には示されないようなストーリーの細部までも詳しく設定し、でこりんさんは「100%感情移入しながら」絵を描かれたとのことでした。

 

相本さんはこの動画を「ビデオ絵本」と述べられましたが、小さいお子さんにもわかりやすい仕上がりとなっていると思います。

この動画は昨年の富山県動物愛護フェスティバルのピース・アニマルズ・ホームのコーナーでも公開しましたが、この問題を他人ごとではなく、誰の身にも起こる問題であると皆さんが考えたり、自分たちと動物たちを災害から守るためにできることに少しずつ取り組んでいただくきっかけになれば幸いです。

「エミちゃんのやくそく 防災とペットの物語」

絵・語り:でこりん

構成:相本芳彦

企画:NPO法人ピース・アニマルズ・ホーム

大規模な水害が起きていることもあり、8月の放送回でも、前半では動物の同行避難などについてお話ししました。

現在、高岡市末広町で準備中の新施設には、動物同行避難の際に役立ちそうな動物のケア用品やグッズなどを少しずつ備蓄しています。今後、そうしたものは施設に展示して皆さんに見ていただくことで、具体的な防災対策を身近に感じていただけるような取り組みをしたいと考えています。

後半ではピース・アニマルズ・ホームの理事の黒崎めぐみさんに、動物の保護活動に関わることになったきっかけや、実際の活動の感想などをお話しいただきました。

保護されている動物たちのケアは「大変だけれども、(動物たちには)皆、意志や感情があって人間と何も変わらない。いつも、どうしているか気になります」というコメントが印象的でした。

当日の様子はピース・アニマルズ・ホームの公式インスタグラム(7月の回8月の回)でも紹介されています。

※ピース・アニマルズ・ホームのインスタグラムアカウント。

(1)公式アカウント

peace animals home - official

 

(2)スタッフアカウント

NPO法人 ピース・アニマルズ ・ホーム スタッフ

 

(3)ボランティアアカウント

NPO法人ピース・アニマルズ・ホーム ボランティア

 

※ラジオ番組「We Love Animal」を毎月第2週の金曜日の午前10時10分ごろからFMとやまにて行っています。毎回、ゲストをお迎えして、動物愛護を中心にお話しいただいています。