第2回富山県動物愛護推進員意見交換会

12月17日に開催された第2回富山県動物愛護推進員意見交換会に出席しました。

 

富山県動物管理センターでは、厚生センターで引き取った犬を希望者に譲渡する成犬譲渡事業を行っています。

譲渡対象犬の現行の選定基準は、現在的観点からすると厳格すぎるところや実際の現場での運用にそぐわないところがあるため、昨年度から推進員との共同作業で見直しを進めています。

また、不適切な譲渡対象者に犬を譲渡することで、どうにか命を繋いだ犬が再び不幸となる悲劇を生み出さないために、譲渡対象者の事前調査票や譲渡後のチェックなども見直しを進めています。

 

出来るだけ譲渡対象犬を増し、譲渡後のチェックをより適正化することで、犬たちの命を助け、守ることが期待できますが、様々な諸制約や考慮しなければならない諸条件もあり、何より命が関わる事柄なので、注意深く進めてゆかなければならない作業です。

 

 

これからも県と動物愛護推進員は一体となって、本県の動物愛護の水準を高めるために尽力します。皆さんのあたたかいご支援をお願いします。